タマゴエリア一覧

 

熱気球パイロットのタマゴ

タマゴの住所:佐賀

熱気球パイロットのタマゴ広い平野や特異な風に恵まれ、熱気球の活動が盛んな佐賀で生まれ育った私は、子供の頃から気球は日常の風景の1つでした。そんな気球に心を奪われるきっかけとなったのは、私が高校1年生の時に佐賀で開催された熱気球世界選手権です。熱気球は高さによって変わる風を駆使してどれだけ目的地に近づけるかを競う競技だと知り、チャンピオンになったドイツのパイロットの見事なゴールへのアプローチに感動してしまいました。

大学生になったら熱気球をやろう! そう思って熱気球のクラブ・サークルのある大学を調べたら、地元・佐賀大学にありました。そこで一番自由な時間がとれそうな経済学部に決めて92年に進学。念願の気球活動を開始し、94年12月にはパイロットライセンスを取得しました。大学卒業後もずっと気球を続けたいと思い、地元の佐賀市役所に入庁し、現在に至っています。


熱気球は、エンジンもハンドルもない、ただバーナーで球皮内の温度を調整して、温度差だけで上昇、降下を制御するシンプルな乗り物です。それを目に見えない風の層を乗り継いで目的地を目指します。その際に自分の思い通りにならない自然の難しさ、偉大さを感じることができることが魅力だと思っています。


今後の目標はずばり熱気球レースで世界チャンピオンです!


熱気球パイロットのタマゴ・増本嘉浩さんのプロフィールはこちら
◆バルーンクラブ風翔軍HP


日々の活動状況もチェック!
◆バルーンクラブ風翔軍ブログ

 

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

名前
E-MAIL
URL
コメント
 

この記事のトラックバックURL

http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/821

この記事へのトラックバック

 
本誌掲載済 KINGのタマゴをご紹介!