タマゴエリア一覧

 

ペーパーイラストレーションのタマゴオートバイや昆虫、オリジナルキャラのペーパーイラストレーション(切り絵)を制作している大熊光男(44歳)です。

主に雑誌の表紙や企業広告などの依頼を受けて作品を作っています。
ペーパーイラストレーションを始めたのは子供の頃。特に誰から教わったわけでもなく、みんなが紙に絵を描いて遊んでいた時に私は紙を切って遊んでました。それから独学でずっと続けて、ついには仕事になったわけです(笑)。


作品を作る時は設計図などは描かないので、頭の中で考えた完成イメージがそのまま形になった時が一番うれしいですね。それと見た人が「紙でこんな物が作れるの!?」って感動してくれる事です。

外国と違って、今の日本では紙の作品はあまり高い評価が得られていません。私の作品を1人でも多くの人に見ていただいて紙の作品の魅力を感じ取って欲しいです!。

これからの目標は、小さい頃からの夢でもある私の作ったキャラクターで映画を作る事です。もちろん監督はスピルバーグで!!(笑)
こんな私の活動をぜひ応援してください。


大熊光男のペーパードリームス

 

この記事へのコメント

小王 2007年05月31日 15:52

わぁ、大熊さんってクオリティ高いですね。誌面で
もう少し詳しく見たい。できればストーリー形式で
お願いします!!

コメント投稿フォーム

名前
E-MAIL
URL
コメント
 

この記事のトラックバックURL

http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/362

この記事へのトラックバック

 
本誌掲載済 KINGのタマゴをご紹介!