加賀美 早紀のポエトリーディング

ポエトリーディングって?

いつもクール、というか冷めている、というか、常に“ツン”の加賀美早紀が夜な夜な創作している詩の数々。オフモードですっぴんの彼女が紡ぐ、萌え要素満載(!?)のプライベート劇場。
05.07 .2008

Poem 030

僕の嘘を見抜くトコ
僕の弱さを見抜くトコ
人気ない道真ん中歩く
君のポロシャツ僕の爪
同じ赤色

電話のベル鳴らすいつも通り出ない君
今日はメールも送る
二分後鳴るベル
「どうしたのぉ」って緩い感じ変わらない
あれだけ愛した人ココに無くて
この歌聴いて蘇る
初めて二人で会った日の事

夜中コンビニの前で待ち合わせ
近くまで行くよって僕の家から徒歩5分
3時間も前からソワソワ
何着ていこうか
鏡の前でファッションショー
夜中だし少しラフめにしようかな
髪は綺麗?肌は綺麗?
あと少し
お家出る時間
ドキドキ押さえ付け約束の場所へ
ガードレールに寄りかかる君
全て受け入れてくれるやわらかい笑顔
言葉が出ない僕に
その服かわいいねって言ってくれた

友達も紹介してくれた
趣味で作る指輪もくれた
そして君と同じ場所につける指輪もくれた

僕は君の背中を見るのが好きで
いつもうつ伏せにさせてた
二人で写真を撮った時
ぶすくれ顔で映る写真を見て
「何で幸せじゃない顔してるのぉ」って言われた

幸せな時は笑う大切さを知った

君から得た沢山の生きる方法
今は自分で探せるよ

あの時褒めてくれた服
きられない今もずっと持ってる
無理矢理取った背中の写真
今も机引き出しの中

全て大事な足跡
今は違う人と作る足跡

wake2 2008年05月08日 05:16

どうして横画面なんだろ…て真剣に考えてしまったよ(笑)
足先だけでこんなに表現できるんですね、リラックスした感じで癒されます(^^)
もう過去のことだけど忘れられない人がいる。本当にこんなに好きになった人は今までにいない。人は思い出だけで生きていけるものなの???


曇りのち晴れ 2008年05月08日 23:26

愛溢れる詩だなぁと思ってたら、今は別の人なんですね。
過去に側にいてくれた人との思い出が素敵なものだったら、それは現在の自分を輝かせるパワーの源でしょうね。

動画、可愛かったです。


名前
E-MAIL
URL
コメント
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/785

プロフィール

加賀美 早紀(かがみ さき)

1985年2月26日生まれ。
千葉県出身。A型。女優・モデルとして活躍中の23歳。

ページトップへ戻る