加賀美 早紀のポエトリーディング

ポエトリーディングって?

いつもクール、というか冷めている、というか、常に“ツン”の加賀美早紀が夜な夜な創作している詩の数々。オフモードですっぴんの彼女が紡ぐ、萌え要素満載(!?)のプライベート劇場。
02.27 .2008

Poem 021

小さな巨人
動きをジャマする
僕の姿が飲まれてく
些細な出来事にいつも重ねて
剥がしたいのに剥がれない
嘘つきな小さな巨人
僕をジャマする
逃げても掴んで放さない
僕の根っこを掴んでる
まるで長い鎖が付いてるかのよう
自由に動き回れるのに
あと一歩の所へ行かせてくれない
冷たい鎖の痕が
僕に傷を付けていく
小さな巨人
向き合えば笑顔で
優しく包む大きな手が
心の痣をさする

曇りのち晴れ 2008年02月28日 00:16

小さな巨人、それは自分自身の弱い心かもしれませんね。
できそうでできないジレンマってありますよね。
克服したいものです。


wake2 2008年02月29日 04:52

小さな巨人って早紀ちゃんのこと? ボクを束縛する… 趣味の問題かもしれないけど、この鎖の演出スキですよ(・_・;) 「檻」もそうでしたが、愛(束縛)と暴力は紙一重ですね、最近は恋人間のDVも話題になってるし、なかなか取扱いがむずかしいものです(^^)


編集部 2008年03月05日 17:40

>曇りのち晴れさん
この小さな巨人は、自分次第でもっと大きくもなったりするんでしょうね。
自分自身と向き合うことは本当、大変だと感じます。

>wake2さん
小さな巨人が実在の相手。確かにそんな見方もできますね。
詩はさまざまに捉えることができますね。


名前
E-MAIL
URL
コメント
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/734

プロフィール

加賀美 早紀(かがみ さき)

1985年2月26日生まれ。
千葉県出身。A型。女優・モデルとして活躍中の22歳。

ページトップへ戻る