加賀美 早紀のポエトリーディング

ポエトリーディングって?

いつもクール、というか冷めている、というか、常に“ツン”の加賀美早紀が夜な夜な創作している詩の数々。オフモードですっぴんの彼女が紡ぐ、萌え要素満載(!?)のプライベート劇場。
11.28 .2007

Poem 009

アナタの事想いました
違う国にいってしまったアナタの事想いました

風邪はひいていませんか
ちゃんと食べさせていますか
嘘、ついていないですか

私は時々思い出すんです
もう傍にはいないアナタの事を

大丈夫ですよ
私は元気でやっています
みんな仲良くやっています

アナタとの記憶
まずは日曜日のお昼
決まってアナタの作るチャーハンでした
中華屋みたく丸く盛られたチャーハンです
洗い物が増えるだけなのに
わざわざお椀に盛るアナタ

甘いもの好きで、
子供に人気で、
バイクが好きで、
陽気なアナタ、?

残念ですね
私の記憶に
アナタの笑顔は残っていません

何も言わず
何処かへ立ち去る後ろ姿が
一番多い記憶です

アナタは
私達を愛していましたよね

私の勘違いじゃないですよね

ホントはきっと
もっともっと
素敵な毎日を過ごしていたはずですよね

そう
信じていていいんですよね

今日も答えは出ないので
また、今度 ね

11.21 .2007

Poem 008

あれ 何でイスの下に隠れているの?
見たことない景色だね
知らない人もたくさんいるよ
あれ でも見たことある人ばっかりだ
あ 君もいるじゃん
何かいつもと違うなぁ
だってあんな大きな声出してるんだもん
いつも小さい声で何言ってるのか聞こえないのに
変なの
にぎやかだね 何かさ
みんなでわいわいやってんじゃん
あ・・・ あのコ君の事見てるよ
あ・・・ 今さりげなく肩にふれた
ねぇ もしかしてさ 君に気があるんじゃないかなぁ
よく見えないけど 視線がいつも君を見てるよ
中に入っていけないからさ 見えたくないもの
よく見えちゃったりするんだよね
いつまでこうしてるんだろう
あれ みんながこっちに来るよ
どうしよう 見つからないかな・・・
何の音?ケイタイ鳴ったよ
ん?君が打ったの?
よく読めないよ
けど何だろう
すごく今あったかいや
あぁ 君は僕を見ていてくれてたんだ
たったひとつ 君のメールで嬉しくなれる
大丈夫
僕は君の中にいつもいるから
帰る場所は作ってあるから
外ではスコシ頑張って
小指程小さくなった僕
夢で見た真実

11.14 .2007

Poem 007

暗闇の中
四角い箱
回りは冷たい
闇に飲まれる
心が泣いてる

白にアイボリー
黒にアイボリー
白を知らなければ
白さえ知らなければ
白さえ知らなければ

傷つきやすく生まれた君は
生きることが辛い

知りすぎ 見えすぎ

心が泣いている

11.07 .2007

Poem 006

何も知らないのに、知った様に偉そうな事を言う
触れても欲しくない事を、沢山の人前で笑って聞いてくる
私の事情に、何故土足で踏み込んでくるの

せっかく綺麗になった私の玄関が、また汚れた

プロフィール

加賀美 早紀(かがみ さき)

1985年2月26日生まれ。
千葉県出身。A型。女優・モデルとして活躍中の23歳。

ページトップへ戻る