海に沈んでしまう島 ツバル

ツバルという美しい島が、南太平洋にあるそうです。
美しい海と空、
そしてきさくな人びと。

でも、その美しい島が、今沈没の危機を迎えているそうです。

ツバルという島は、オセアニア州に位置し、
人口は一万人以下のミニ国家です。
問題は海抜の低さにありました。
島の海抜は平均1m、最大でも5mしかないそうです。
これは、大きな波が来たら波にさらされてしまう高さだし、
地球温暖化が進んで、南極などの氷が解けて海面が上昇してしまったら、
水面下になってしまう高さ。

一説によると、100年間で最大5.8度気温が上昇し、
そうなると海面が最大で88cmも上昇してしまうそうです。

遠藤秀一さんという写真家がいらっしゃいます。
テレビや新聞でもよくとりあげられていて、
私もそれを機にツバルを知ったのですが、
遠藤さんは、ツバルの写真を10年近く撮り続け、
その写真を通してツバルの危機を世界中に伝えているそうです。

以前、TBSの「夢の扉」という番組で遠藤さんを詳しく取り上げていたのですが、
そこで流れていた映像は私の想像を超えていました。

海岸が侵食して、波が陸地まで入り込んでしまったり、
地中から道路を通過して海水が湧き出したり、
井戸水さえも塩水になってしまったり・・・

地球温暖化の実態はこういうものかと思いました。

今、環境難民といわれる環境問題のために難民にならざるをえない人が増えているそうです。

今日の一エコ:ツバルについて調べました
今日の一発見:温暖化被害の象徴国に新エネルギーを導入しようという動きがあるそうです!
関西電力による太陽光発電施設の設置が進んでいて、2008年1月には完成する予定だそうです☆
日々の生活、もう一度意識しようと思いました。

コメントを書く

2007年07月27日 19:24

コメント(5)

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/413

ノーレジ袋運動

私の学校でレジ袋削減運動というものが行われています。
生協で買い物する時に、レジ袋は渡さないというもので、
必要であれば10円払ってレジ袋を買います。

この運動は今年の4月から始まったのですが、
かなりのレジ袋削減に繋がっているそうです。

先日、その成果報告会があったので見てきました☆

まず、レジ袋削減運動の目的は、
「校内における循環型社会の形成を推進する」だそうです。
循環型社会とは、
循環資源の循環的な利用によって、天然資源の消費を抑えた社会だそうです。

運動が導入される以前は、なんと年間約12万枚ものレジ袋が使われていたようです。
その多くは、購入してすぐに捨てられてしまうものばかり。
ムダですね!

レジ袋を節約すれば、
・石油資源の節約
・レジ袋の生産・焼却の際に発生するCO2の削減
・利用者の意識や行動が環境保全型に変化
が期待できるとのことでした☆

そして、結果は・・・
4,5月の2カ月間のデータ
有料化試行前   レジ袋使用枚数 29,833枚、 利用率 34%
有料化試行期間          3,659枚       4.17%

2カ月間で、26,174枚、つまり焼く88%の削減効果があったそうです!
これってすごい☆

レジ袋1枚削減すると、約100gのCO2を削減したことになるそうなので、
2カ月だけで、
26,174×100g=約2.6トン

約2.6トンものCO2削減に繋がったそうです☆

しかも、どうしても必要ということで、レジ袋を買った人から集めた10円は、
今後の環境対策(例えばマイバック、リサイクルバック導入)に使われるそうです☆

これはすごい効果☆

学校などの人が集まるところでこういう運動をすると、効果が目に見えてわかりますよね♪♪

今後もこういう動きが増えてくるといいなと思いました☆


今日の一エコ:学校のレジ袋削減運動を紹介☆
今日の一発見:この運動を導入したのは、研究会の生徒の方々だそうです☆
この運動をするにあたって、2005年秋から準備して、
アンケート調査や話し合いなどを重ねたそうです。
改めて、何か運動を始めることの大変さをかんじました。

でも、環境問題への関心が高まっている証拠!
素敵です☆

200707171119000.jpg

コメントを書く

2007年07月25日 20:54

コメント(5)

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/412

髪の毛、生えました☆

先日紹介した、くまちゃん♪
髪の毛(葉)が生えました☆

こんな感じ♪
200707061000000.jpg

思ってたよりも少なめ?(笑)

家に緑がちょっとプラスされて気持ちいいです♪
でも、思ってたよりも緑の分量が少なかったので、
やっぱ観葉植物を買おうかなぁって思いました!

今日の一エコ:観葉植物に想いを馳せる
今日の一発見:我が家の猫も、このくまちゃんに興味を示してました☆

200707060958000.jpg

コメントを書く

2007年07月23日 16:51

コメント(2)

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/411

メイド・イン・アースの液体せっけん

Live Earthで買ったものがあります☆

「メイド・イン・アースの液体せっけん」

食器や洗濯用の石鹸で、
100%天然の、ヒト、モノ、地球に優しいせっけんだそうです☆
成分を詳しくみてみると、
純せっけん分(脂肪酸カリウム)30%+純水70%

純せっけんというのは、石鹸本来の製法である鹸化法で製造した、炭酸塩やケイ酸塩を含まない石鹸のことをいうそうです。

これらは、石けんの働きを助ける成分で、 安心して使えるものらしいですけれど、
ないならないほうがいいのかな?

200707162204000.jpg

使い心地はとてもよかったです☆

洗剤って水道に流すものだから、とっても重要ですよね!
いいものを使いたいなぁって思いました☆

今日の一エコ:まだ、エアコン使ってません!
今日の一発見:窓を開けて喚起すると、意外と暑さにたえられます☆
       がんばるぞぉ♪♪

200707162105000.jpg

コメントを書く

2007年07月20日 16:44

コメント(5)

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/410

Live Earth その3

Live Earthのレポート第三弾です♪

今回は、当日会場内をにぎわせていた、
NGO団体をいくつか紹介したいと思います!
全部で11つの「地球温暖化」をテーマに活動する団体が、
「気候変動」や「自然エネルギー」といったトピックをわかりやすく説明してくれました!

まず、一つ目!
「京都の約束」というNGO団体が、「国会へのお願いを集める」という活動をしていました☆
京都議定書で、日本は2010年までに温室効果ガスを6%減らすということを目標としていますよね?
でも、実際は、2005年までに1990年より7.8%も温室効果ガスが増加してしまっているそうです(>_<)
そんな現状をふまえて、このNGOでは、人びとの地球温暖化を防止したいという気持ちを国会に届けるという活動をしているそうです!
さっそく、私も書いてみました☆
私の書いた言葉は、
「国会で地球温暖化についてもっと話し合ってもらいたい!マイ箸とマイバッグ使ってください♪」
です。
思いをこめてメッセージを紙飛行機状に折って、ブース内に用意されていた国会の模型に向かって飛ばしました!エイッ!みんなの想い、ちゃんと届くといいな♪
IMG_8200.jpg

次のNGOは、「A SEED JAPAN」。
「エコ貯金プロジェクト」を紹介していました。
IMG_7787.jpg

エコ貯金とは、エコに積極的な銀行にお金を預けたり(預貯金型エコ貯金)、
NPOバンクにお金を預けたり(出資型エコ貯金)、
直接支援したり(投資型エコ貯金)
することだそうです。
より環境に優しい取り組みをしてくれるところにお金を預けて効果的にそのお金を使ってもらうことによって、地球に少しでも貢献できるという考えで、
具体的には、風車の設置などが行われているそうです!
普段何気なく預けているお金がエコのために使われるようになる仕組みだなんて、素敵だなと思いました。

衝撃的なパネル展示をしていたのが、「Think the Earth」という団体です。
その展示というのが、1961年からの地球の姿を映した衛星写真を年ごとに並べたもの。
2007年までは現実の姿が。それ以降は、コンピューターで予想された姿が展示されていました。
その展示をみて、思わずショックで口が空いてしまいました。

1961年は、緑と青で溢れた地球が、2000年ごろになると、都市部で赤くなりだして、
2050年の予想図では、もう地球全体がまっかっか!!
まるで、火達磨のよう・・・

IMG_7792.jpg

そこのNGOの方が
「地球の危機じゃなくて、これじゃ人間の危機ですよね」とおっしゃっていました。
人間は、今よりも2度気温が高くなると、対応できないそうです。
でも、このままいくと2度なんてあっという間に上昇してしまうという現実があります。
なんとかしなきゃ・・・
そんな想いが心のそこから湧いてきました。

IMG_8206.jpg

そのブースで「気象変動+2℃」という本を買いました。
2℃上がってしまったら世界が同変わってしまうのか描いた本です。
読んだらまた報告しようと思います!

その他には、
エネルギー電力を紹介する団体、
野生動物の保護を訴える団体、
熱帯雨林再生のための植林を訴える団体など、
とにかくわかりやすく色々と教えていただきました。
「Live Earth」に行って、本当によかったです!

今日の一エコ:NGOでいっぱい勉強しました♪
今日の一発見:さて、
「地球温暖化防止を訴えるイベントといいながら、大きな会場で大量の電力を消
費しアーティストは飛行機で移動し、車で移動する観客が多数いる。それはエコではなくエゴではないか?」
こうした意見が昨今のエコ活動に対して出ているというお話を聞きました。
たしかに、そういう見方もあると思います。
エコってものすごく繊細で色々なことが関連してきてしまう問題なので、
何が正しくて何が正しくないのか一概には言えないと思います。

例えば、お箸の問題。
まず、私は割り箸を使わないほうがいいと思いました。
でも、割り箸の大部分は使わない木の切れ端で出来ているので、割り箸というのがある種再利用の形だということを知りました。
でも、割り箸を使ったら、ゴミがでてしまう。
そのために、やっぱり使わないほうがいいと思いました。
でも、中国などでは、割り箸を作ることによってお金を得て、生活をしている人がいる。
一概に割り箸を使わなくなってしまうとその人たちの生活が崩れてしまう・・・
というように。

また、ペットボトルの分別のお話を聞きました。
ペットボトルは分別して再利用したほうがいいといわれています。
でも、一部では、再利用するためにコストとエネルギーがかかるため、本末転倒になっているというふうにも言われているそうです。

何が良くて、何がいけないのか私にはまだまだわかりません。
でも、何をしたらよくなりそうなのか、何をすべきではないのか、
手探りでもいいから、知りたいなとは思います。
まずは、行動してから考えよう、そう思っています。

今回のイベントは、こんな考えを持っている私にはとてもいい場となりました。

たしかにこのような大きなイベントは沢山のエネルギーを排出してしまいます。
でも、排出してしまったエネルギーは先日の記事で書きましたように回収しようと努力はしているし、
このイベントがなかったとしたら、違うイベントがその会場ではいつもどおり開催されていたでしょう。

そう考えると、みんなの大好きなコンサートに地球温暖化防止というテーマを取り入れるなんて、まさに一石二鳥だと思います。
私は、こういったイベントはエコに興味を持たせるということに意味があるのだと思います。

意識というものは大きなものです。
現に、最近エコという言葉が色々なところに溢れるようになって、生活の中で地球について考えることが多くなりました。
みなさんもそうではないでしょうか?

生活の全てをエコに従事する人は少ないかもしれないけれど、
エコについて少しでも関心を持った人が増えてきているということが大事だと思います。
これからも、もっともっと環境に興味を持った人が増えてきてくれるといいなと思います。
そして、そのためにも、私はこのブログをつたない言葉ながら、書き続けさせていただきたいと思います。
Let’s ECO! Enjoy Eco!!!

IMG_8261.jpg

コメントを書く

2007年07月18日 10:26

コメント(5)

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/408

Live Earth その2

Live Earthの報告第二弾です♪

Live Earth、ゴミの分別も徹底していました!
なんと、9分別! 関係者向けには13分別も行っていました。

IMG_7783.jpg

その分け方は、以下の通り☆
ペットボトル、
ペットボトルのキャップ、
割り箸、
廃プラスチック、
ミックスペーパー、
バイオプラカップ、
燃えるゴミ、
生ゴミ、
紙食器

関係者むけには、上の9つに加えて
段ボール、
空き缶、
空き瓶、
廃食油。

これを、NGO団体の方の指導のもとしっかり分別していました☆
IMG_7782.jpg


この中でも、私が気になったのは、バイオプラカップです☆
IMG_8212.jpg

バイオプラカップ、見た目は透明のプラスチックなんですけれど、
なんでプラスチックと分ける必要があるんだろう?

分別をしていたNGOの方に聞いてみました!

なんと、バイオプラカップはとうもろこしなどの植物の油から出来ているそうです!
プラスチックは原油からできているので、それに比べたらとっても環境に優しいですよね♪
使用したカップは回収して、リサイクルして、新しい製品に生まれ変わるそうです☆
ちょっとしたゴミの分別で、環境は変わるんだろうなぁと改めて感じました!

イベントの会場で出展している飲食店では、そのバイオプラカップで飲み物を出していたので、試してみました☆
特に、プラスチックと使った感じに差はありません。
むしろ、植物性の油から使っていると思うと、体にいい気がして、飲み物も心なしおいしく感じました!

飲食店では、この他にも環境に優しい容器として
葦やサトウキビのカスなどの非木材材料を利用した紙食器を使用していたそうです!
色々なところで工夫されているんですね♪

他には、食材が運ばれてきた距離を明記する「フードマイレージ表記」や、
そのフードマイレージを元に計算したCO2排出量「排出CO2量」を表記して、
環境への関心を高める取り組みをしていました。
普段あんまり意識しないですけれど、遠くから運ばれてきた食材をたべっることは、実は地球温暖化につながっていたんですね(>_<)
色々と勉強になりました☆

今日の一エコ:バイオプラカップを使ってみる♪
今日の一発見:上に挙げた分別方法をとれば、
燃えるゴミ以外は全て再資源化できるそうです!
すごい!!
普段の生活をもう一度見直してみようと思いました!!

IMG_8210.jpg

コメントを書く

2007年07月17日 10:17

コメント(2)

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/407

Live Earth

みなさん、こんにちは!
更新が滞ってしまって本当にすみません(>_<)
学校の課題や仕事でバタバタしていましたッ。
ちょっと落ち着いたので、書いてなかった分も沢山報告させていただきたいと思います!!

まずは、「Live Earth」!!

エコに興味をあるかたは、ご存知だと思いますが、
先日7月7日に「Live Earth」というイベントがありました!

IMG_7796.JPG

このイベントは、地球温暖化防止というテーマを元に、世界7大陸8カ国において、
150人以上のトップミュージシャンが出演、
同日22時間にわたって開催される世界規模コンサートでした!
コンサートの模様は100万人の聴衆と、インターネット、テレビ、ラジオなどを通じて
およそ20億人に届けられるというとにかくBIGなイベント!!

2005年にアフリカ貧困撲滅コンサート「Live8」でエミー賞(アメリカのテレビに関する様々な業績に与えられる賞)を受賞したケヴィン・ウォール氏と、
映画「不都合な真実」を作ったあのアル・ゴア元米副大統領が中心となった、
グローバル・キャンペーン・プロジェクト「SOS」が手がけたそうです。

たとえば、グリーン電力を使用したり、
ゴミの分別を徹底したり、
環境問題に取り組んでいるNGOが出展していたり、

とにかく、環境負担の少ないコンサート、
そして環境問題をうったえていくようなコンサートを作ろうと意識したそうです。

そして、このイベントであげた収益はSOSの元、地球環境を考えた新たな取り組みのために使われていくのだとか。

8カ国というのは、
アメリカ、イギリス、ドイツ、ブラジル、中国、日本、オーストラリア、南アフリカ。

いわゆる先進国といわれている国から、これから更なる成長を遂げるであろう国まで、
様々ですけれど、
共通しているのは、環境への影響力ということ。
この国々が協力してこのようなイベントができたなんて、とても素敵なことですね♪

ちなみに、日本では、東京と京都でコンサートが開かれました。

そして、なんと私は東京会場の幕張メッセに取材に行かせてもらえたんです!!

その様子をレポートしたいと思います☆


出演したアーティストは、
元気ロケッツ、RIZE、絢香、大塚愛、AI、Xzibit、abingdon boys schools、
Cocco、LINKIN PARK、倖田來未、RIHANNA(出演順)
と、とにかく豪華!!これだけのアーティストがこのイベントに集まっただなんて、
環境問題への関心の高さがうかがえますよね☆
 
みなさん、思い思いに環境への考えを語ってくれたりして、
なんだか聴衆の皆さんにも伝わってくるようなものがあったんじゃないかなと思います☆

この、ライブなんですけれど、
もちろん沢山のエネルギーを使いますよね?
幕張メッセのライブでは約2000kWhのエネルギーが使われたそうです。
それってECO的にどうなんだろうと思う方もいるかもしれません。
でも、電力はグリーンエネルギーでまかなわれているそうです☆

IMG_7790.JPG

会場に、グリーン電力に関するNGOが出展していて、詳しく説明していただいたので、
ちょっと紹介したいと思います!

グリーン電力というのは、太陽光発電のように、環境に優しい形で発電された電力のことをいいます。
日本にも太陽光発電施設は何箇所かあるのですけれど、その数はそんなに多くありません。
本来であれば、その発電施設で発電された電力を使いたいところなんですけれど、
遠く離れた場所から導線をつないでエネルギーを供給してもらうなんてムリですよね?

そこで出来たのが、グリーン電力証明書というシステムだそうです。
グリーン電力証明書というのは、いつもの電力を使いつつも、グリーンな電力という付加価値を証明書を買うことによって買います。
そうすると、そこで使っている電力を「グリーン電力である」とみなすそうです。
つまり、これは「グリーン電力です」という権利を買っているんですね。
もちろん、宣言できる量は買った分だけで、
1kWh=10円だそうです。
つまり、今回のイベントでは、
2000kWh=20000円。

これだけの付加価値を買っているということですね。
グリーン電力証明書のために支払われた代金は、発電者のもとに届けられ、
発電施設を作ったときの初期投資の回収や、新たな施設への投資へと使われているそうです。
つまり、買った分量のグリーン電力をそこで作ってもらうということになります。

いい仕組みですよね!
ちなみに、今回のイベントではお台場潮風公園の太陽光発電施設「ひだまりーな」でうまれたグリーン電力を使用しているそうです。

また、グリーン電力だけでなく、植林も行っているそうです。
今回、イベントがあったということは、沢山の人がそこにあつまりますよね?
すると、移動のためだけにも多くのCO2を発生させてしまいますよね?
地球温暖防止のためのイベントなのに、CO2を増やしてしまっては本末転倒。
そこで、出演者や関係者がに会場までどこからどのような交通機関で来たか聞き、
それをCO2排出量に換算し、
その排出した量を回収できるだけの植林を行うそうです。
植林場所は、インドネシアの東カリマンタン州部キットスハルトを予定しているのだとか。
ちなみに、1本の木を植樹することによって、およそ1.5トンの二酸化炭素が吸収されることになるそうです。

これだけ見ただけでも、かなりCO2削減にこだわったイベントだったことがわかりますよね☆
まだまだ、沢山の環境に優しい取り組みが行われていました!
続きは次の記事に書きたいと思います♪♪

IMG_8203.JPGIMG_8205.JPG

ちなみに、写真は、
自分で発電しているところと、
日本人が一日に排出している二酸化炭素の量を目の当たりにしているところ。
なんと、この赤いボール7個分に相当するそうです!
怖い!!

今日の一エコ:Live Earthを完全レポート!!
今日の一発見:実は、日本は太陽光発電量が世界一だそうです。
それは二位のドイツの二倍以上で、およそ859.6MW(2003年のデータなので今はもっと多いはず!)
その7割強が個人の住宅に設置された発電光発電パネル。
通常に住宅の屋根(ここでは宅地40坪程度とします)にパネルをつけると、
なんとテニスコート6面分の森林をつくりCO2の排出を制限したことに匹敵するそうです。
細かいことを言ってしまうと、パネルを設置する時に、CO2が排出されるそうなんですけれど、そのCO2も2年くらいで回収できて、
残りの28年(パネルの寿命は30年くらいだそうです)はCO2削減に貢献しつづけるそうです!

ただ、設置するのにコストがかかる。
グリーン電力証明書の仕組みはそんな発電者の負担を上手く支えてくれる仕組みだそうです。

IMG_7788.JPG

コメントを書く

2007年07月13日 19:11

コメント(4)

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/405

キャンドル♪

今日は、一人キャンドルナイトをしてみました☆

ろうそくはすごく小さいのに、
思っていたよりも部屋があかるくなりました☆

字を書いたり、細かい作業をしたりする必要がなければ、
十分生活できる明るさ。

むしろ、心が安らぐような、ほんのりとした明るさ。
いいですね。

昔の人たちは、こんな明るさのもと夜を過ごしていたのかな。

楽しく、エコできる、
その代表例がキャンドルかなと思いました。

たまには、キャンドルナイトもいいかも♪♪

みなさんもいかがですか?

今日の一エコ: 電気を消して、キャンドルですごしてみました☆
今日の一発見: 電気代は、使用時間にかなり影響されるそうです!
        電気代は、こんな構造をしています。

        電気代=基本料金+電力使用量料金+消費税

        この、電力使用量料金は1kwh単位、つまり電力使用量1時間分が単位になるそうなんですけれど、三段階料金制度というのをとっているそうです!

        「三段階料金制度とは、省エネルギー推進などの目的から、昭和49年6月に採用したもので、電気のご使用量に応じて、料金単価に格差を設けた制度のことです。
 第1段階は、ナショナル・ミニマム(国が保障すべき最低生活水準)の考え方を導入した比較的低い料金、第2段階は標準的なご家庭の1か月のご使用量をふまえた平均的な料金、第3段階はやや割高な料金となっています。」(東京電力のサイト参照
 http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/kihon/ryoukin/index-j.html

ものによって違うみたいですけれど、
目安としては、
第一段階(120kwhまで)は、   1kwhあたり、16.05円。
第二段階(120kwh〜300kwh)は、 1kwhあたり、21.04円。
第三段階(300kwh以上)は、   1kwhあたり、22.31円。

つまり、使えば使うほど電気代は高くなるということですよね!
節約しようと思います♪

candol2.jpg candol1.jpg

コメントを書く

2007年07月02日 15:48

コメント(4)

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/384


ページトップへ戻る
「KING学園」TOPへモドル 歌原奈緒のエコブログ