『対北朝鮮 核兵器も怖くない大戦略はこれだ』

――核実験をした北朝鮮はどうしますか?

佐藤 まず、平壌宣言に反している。だから、あの宣言をどうするのか、まず、問い質すべきです。

河合 やはり問題は頼りのアメリカが今、中東の問題で手一杯ということですね。来月には連邦議会の中間選挙も控えてるし、なかなか本当の意味で強硬な態度は取れない。

――でも、核兵器を持ったでありますよ!!安倍新政権で北とのケンカ上等の布陣になったんだけどなー・・・

佐藤 いや、安部政権が3?6年続けば、北朝鮮問題について一定の成果は出ると思いますよ。でもね、北の問題考える時、われわれがいまじっくり考えなければならないことがひとつある。わが国にとって北を潰したほうがいいか、それとも温存させたほうがいいか、ということです。僕は、朝鮮半島が統一されて大韓国ができるシナリオより、北が生き残るほうが日本には良いと思う。統一されて強大になった韓国が日本に友好的になることはあり得ないからね。

河合 どうします?

佐藤 わが国はそろそろ北朝鮮問題に対して大戦略を考えないといけない。具体的言えば、北朝鮮には再び渤海国になってもらう(渤海国は8世紀から10世紀にかけて朝鮮半島北部にあった当時の日本の同盟国)。

河合 北を取り込んでしまうわけだ。

佐藤 そう。金の面倒はみてやるから、拉致問題を解決しなさい、大量破壊兵器はやらないと約束しなさい。さらに北は安い労働力を提供するだけで、日本からは何も買わなくてもいい、とする。そうやって日本の弟分にしてしまう。

河合 それやったら、中国が黙ってないよ。

佐藤 だから、最初に米ロに根回ししておく。中国なんかには、北朝鮮はこうなりましたって最後に通告すればいいんだよ。やり方としては、北に選ばせる。誰と付き合いますか?貴国には事実上、三つのチョイスがある。1が韓国に叩き潰される。2が中国の属国として永遠に見下される。そして3が日本と仲良しになる。日本に対して危害を加えないならば、国内では勝手にやっていていいから、親日国家になりませんか?1と2に較べれば、あなたがたにとって一番いい選択じゃないですか?と甘い言葉で誘う(笑)。

河合 確かに大戦略だね。実現すれば、韓国、中国、ロシアの間に親日国家を挟めることになる。

佐藤 そう。日本の安全保障にはとても役立つ。

トラックバック(0) : http://www.x-king.jp/blog/mt-tb.cgi/154

コメント

コメント投稿フォーム

名前
E-MAIL
URL
コメント
 

トラックバック



ページトップへ戻る
「KING学園」TOPへモドル 緊急編集部対談 佐藤優 vs 河合洋一郎