“社長がいちばん働きマン”とは?

週刊モーニングの人気連載で連続ドラマにもなっている『働きマン』から、「週刊JIDAI」編集部の女性編集者・松方弘子がKINGに出張取材を敢行!
狙うは、KINGに登場する各界の社長さんたち!
“男スイッチ”が入った松方弘子はどんなネタを掴んでくるのか!?

ARCHIVE

取材・文 / 方南ぐみ
撮影   / タネイチ

RSS Feed

RSSで最新情報をGETしよう!!
RSS対応ブラウザ、RSSリーダーなどの専用ソフトを使うと、掲載記事の更新情報を簡単にGETできます。
※XML2.0に対応

昔から“ブランド”には弱いタチだけど
それが手に入るとすぐに飽きちゃうんですよ

ブランドに惹かれる気持ちは、別にファッションマニアの女の子だけの話ではなく、きっと誰もが持っているものだと思う。
日本発のスニーカーブランドを立ち上げたほか、漫画コミックの全巻販売専門店「漫画全巻ドットコム」といったユニークな事業を展開している株式会社TORICOの社長の安藤氏も、間違いなく“ブランド”好きだと言っていいだろう。
なにしろ、子供のころから「世界のSONY」が大好きで、オーディオから家電、ゲームに至るまで、すべてSONY製品でそろえていたというところから安藤氏のブランド嗜好ははじまっている。
大学受験は当然、SONYの元CEOの出井伸之を始め、現総理大臣の福田康夫やジャーナリストの筑紫哲也らを輩出した早稲田大学政経学部を目指した。

「だけど、ブランドというのは手に入れて達成感を味わってしまうと、すぐに飽きて興味を失っちゃうものなんですよね。実際、早稲田の政経には2浪までして入ったものの、熱心に勉強したわけでもなく、高校時代の同級生の熊谷(康)と『SONYみたいに誰もがやらなかった新事業を立ち上げよう』なんて話に熱中していました」


漫画全巻ドットコム 公式WEBサイトはこちら


(株)TORICO 公式WEBサイトはこちら


ページトップへ戻る