困った時の悪魔頼み CREATIVE KING SPECIAL CONTENTS

コメント

RSS Feed

RSSで最新情報をGETしよう!!

RSS対応ブラウザ、RSSリーダーなどの専用ソフトを使うと、掲載記事の更新情報を簡単にGETできます。

※XML2.0に対応

謎のベールに包まれていた悪魔たちが実は3兄弟だったということが明らかになった前回。

彼らがどんなモノを作ろうとしているのか? その前に、禁断の扉を開けた編集長がいったいどんな願い事をしたのか? まだまだ謎が多い状況だ。

編集長に聞いてみたのだが、なぜか上の空というか、心なし怯えているというか……(この辺りはKING本誌の2月号に掲載されているそうなので、1月13日の発売を待って読んでみようと思っている)。

ともかく、お願い事をした(であろう)編集長から話を聞くことができないので、クリキン部隊自ら探りを入れてみたところ、彼ら悪魔3兄弟は、ここ最近、JR総武線沿線の都市へ忠実なる僕を頻繁に遣わして、誰かと密談を行わせているらしいことが判明した。

さっそく情報のあった都市に降り立った我々は、タイミングよく駅前でそれらしき人物を発見!!!
(なぜわかったか? 使者たちの持っている鞄の絵が悪魔3兄弟の世界の絵と同じだったんだ)


尾行して辿り着いた先で悪魔の使者らしからぬ、柔和な態度で話している彼らを、窓の外からこっそり撮影したのがこちら。



窓越しだったので、会話がよく聞き取れなかったのだが、写真を見る限り、テーブルの上にはいくつもの布地が置かれており、彼らはそれらを触りながらなにやら相手に確認しているようだった。



はてさて、悪魔の使いたちは、3兄弟からどんな使命を帯びて密談をしていたのか? そして大量にあった布地は、いったい何を意味しているのか? 探れば探るほど謎ばかりが増えていく悪魔3兄弟の目的とは?

詳細がわかり次第すぐに報告させてもらうので、また次回!

KING編集長が開けてしまった禁断の扉の先にいたのは、眼光鋭い3人(?)の悪魔たち……。でも彼らはいったい何者なのか?

クリキン部隊が、いつものように「What’s Up Bro.?」と挨拶を交わし探りを入れてみると、どうやらこの悪魔たちは兄弟らしいことが判明(親しげな関係のわりに何も知らないじゃないかって?俺たちはそんな細かなことは気にしない関係なんだ)。

兄弟は長男・ジャック、次男・ビリー、三男・アーニーの3兄弟。
簡単なイントロデュースをすると、



ということになる。


彼らはいつもとある高台に建つ古びた洋館に住んでいるのだが、時間をもてあまし気味なのか、自分たちのWEBサイトまで作っている。

なんでも、この洋館から夜な夜な響く猛獣の咆哮や怪しい呪文を唱える声、泣き叫ぶ哀れな亡者たちの声が付近の住人に気味悪がられ、訪れる者もあまりいなくなっているそうだ。

そういえば、クリキン部隊が初めて洋館を訪れたきっかけも、これらの音を聴いたからだ。とはいえ、クリキン部隊はそれを“何やら楽しい、パーティーめいたことをやってるっぽいぞ”と勘違いして喜び勇んで訪れたわけだが……。


ともあれ、3兄弟の更なる素性はこのKINGBROSサイトからも知ることができるぞ。
呪術やら剪定やら裁縫やら、それぞれ独特な得意技を持っている3兄弟だが、彼らが何をしようとしているのかは……また次回!



KING BROSのサイトはこちら

KING1月号にて新連載が開始された「困ったときの悪魔頼み」。

なんの前フリもなく、後フォローもなく、「『困ったときの悪魔頼み』って何?」と思われたかもしれないが、クリエイティブキングの別館とでもいえばわかりやすいだろうか。思いっきり端折っている気もするのだけれど……。

クリエイティブキングをスタートさせ、『ばかうけ 男の黒カレー味』や『コラボ携帯灰皿』と製品化していった中で、方々から好評をいただくと同時に「こんなのが欲しい」「こんなの作ってみてよ」というご意見も頂戴することが格段に多くなった。

頂いた意見はすべて検討させてもらっているのだが、すべてのご意見にアプローチすることが、なかなか厳しくなってきているのも確か(ぶっちゃけマンパワーの問題もあるし)。

そこで、クリキン部隊が編集長を盾に、強力なパートナーを立てた、というわけだ。「困ったときの悪魔頼み(仮)」もクリエイティブキング同様、みんなの意見からプロダクトを作っていくことにもなるので、クリエイティブキング同様、こちらも世露死苦!

とはいえ、相手は悪魔なので、お願い事をするたびに、誰かの魂が持っていかれるらしいが、クリキン部隊とは「What’s Up Bro. ?」な仲なので、安心してほしい。

WHO ARE THEY

copyright FuriFuriCompany/News Broadcasting Japan/KYOTOMA
ページトップへ戻る